オスグッド、セーバー病、グロインペイン、足底筋膜炎ほか、最短一回完治のRMT施術セミナー オスグッド、セーバー病、グロインペイン、足底筋膜炎ほか、最短一回完治のRMT施術セミナー

原因部位を即座に確定

反射運動理論はんしゃうんどうりろん

治せば来るを実現させる治せる治療家育成セミナー

RMTセミナーは、体の痛みを治すことに特化した「最短一回完治」の施術理論を学ぶことができるセミナーです。
体の痛みを治すことに特化し、施術ポイントを簡単に、しかも即座に確定させる理論と、どのような施術をすれば痛みが取れるかを具体的に学ぶ、本気で治したい治療家へ向けた施術セミナーです。

改善率95%・臨床5,000人以上・受講生満足度100%

※1 施術一回での改善率 ※2 開業以来施術した患者数 ※3 ベーシック受講者のリピート率

セールストーク卒業・治せない悩み開放・治せるから施術に集中

こんな

施術に関するお悩み

ありませんか?

「知識はあるのに治せない」

「施術ポイントが分からない」

「スポーツ外傷や障害が苦手」

「教わった理論や施術が難しい」

治したはずなのに元へ戻る

「いろいろなセミナーが気になる」

保険診療から抜け出せない

RMTなら
理論があるから、分かる、悩まない、気づける。
すべて解決

初めまして、RMT協会の高橋です。

早速ですが、あなたは治療系の施術セミナーを受けたことがありますか?

私自身は、筋骨格系施術セミナーからエネルギー系のセミナーまで、全国各地で数々のセミナーを受けてきました。

結構な受講料を支払い、多くのセミナーや勉強会で学んだのですが、今日まで使用できるような満足のいくモノはありませんでした。

それは何故か…

ここの痛みを取るにはこうすると教わっても、そこ以外の痛みに通用しない。
教わった内容で治らなかった場合、次の手がないし浮かばない。
緩める手段は教わったが、どこでどう使えばよいか分からない。
型ばかりで、まったく応用がきかない。
どこかで聞いた内容、もしくは完全にパクリだった。←コレが一番多い
思っていた以上にレベルが低かった。
ふわっと良くなる程度で効果が弱いし戻る。
効果はあるが施術が激痛。

これらの不満…

今なら分かります。

私が受講したセミナーには、しっかりとした理論がなかったんです。

それっぽい理論を述べるセミナーもありましたが、効果が弱いし内容が薄かったんです。

治療家の悩みを解決できる唯一無二の施術セミナー

RMT

何の略?

RMTは反射運動理論のこと。

反射×運動×理論


身体の痛みは無意識な反射(抵抗)によって発生しているという理論です。

RMTの理屈イメージ

似たような理論は、たくさんあると思いますが、どのようなメカニズムで反射(痛み)が出ているのかをハッキリさせている点が、他の理論とまったく違います。

なので、

施術ポイントがすぐに見つかる。

施術ポイント確定簡単3ステップ

どこに反射が出ているか>どうしたら反射が出るか>施術ポイントが分かる
繋がっているどこかではなく「ここ!」と即時確定!

RMTを知るだけで、なぜ「ここに痛みが出ているのか」の答えが分かるので、調整すべき施術ポイントがすぐに見つかります。痛みは反射(抵抗)の結果という考えが、痛みの原因を即座に、そして簡単に特定させることを可能にしました。

セミナー講師紹介 高橋
講師紹介
オスグッドの一回完治率80%以上
埼玉県上尾市 みどり整骨院 院長 高橋

2003 都内接骨院 分院長
2007 みどり整骨院創立
2019 RMT協会設立

最寄り駅までバス10分、バス停まで徒歩5分。
駅近ではない閑静な住宅街で、3週間先まで予約が取れない整骨院を経営中。
自身も全国各地の施術セミナーを受けたが、それでは治せないと独自理論を開発。
どこの真似でもないオリジナル理論を日々ブラッシュUPしながら、セミナーの受講生や卒業生に幅広く共有しています。

上尾市 みどり整骨院ホームページRMT施術セミナーTwitterFacebookInstagramブログ

まず、RMTの基本理念は、

痛みの原因は患部にない

です。

近年かなり浸透してきている考え方なので、聞いたことがある方、すでに施術に取り入れている方も多いのではないでしょうか?

では、

どこが原因ですか?

と聞かれたら、

正確に答えられますか?
その理由を説明できますか?

RMTならハッキリ分かり、
きちんと説明できます。

RMTは、患部をさわらず痛みを取り去ります。
※捻挫や打撲などの外傷は例外

「似たような話を聞いたことある」

もちろん、聞いたことのある方は、たくさんいると思います。

患部以外を施術して治すことを推奨する理論やセミナーは、世の中にたくさんあります。しかし、そこではこんなことが言われていませんでしたか?

「腰痛なら大腰筋や臀筋、腕やふくらはぎを緩めて改善させましょう」

と。

それって「筋膜連鎖」ですよね?

アナトミートレインが有名ですが、他にも似たような理論はたくさんあります。簡単にいうと、患部につながっている筋肉を緩めれば、痛みがなくなるという理論です。

しかし、筋膜連鎖で腰痛を治そうとすると、上は首から下はハムストリングやふくらはぎまで、さらに大腰筋と内転筋群もつながっているので、それらをすべて緩めましょうとなります。それどころか、筋膜連鎖でいえば、肩や腕、足首もつながっていることになるので、言ってしまえば、

「全部つながっているのでキリがありません」

そして、治療といえば首を緩めては痛みを確認、ふとももを緩めては痛みを確認と、痛みが取れるまで何度も繰り返すことになります。

患者さんから見れば「ここが緩みましたね」と、痛くもないところが緩んだと言われても意味が分かりませんよね。

そのように全身を緩めていけば、いつかは治りそうですが、患者さんにとっては時間の無駄です。しかも、施術時間内に治らず「続きは次回」なんて言われたら…

「治らないことなんて良くあること」
リピートしてもらうことが大切」

なんて、本末転倒なことを推奨するセミナーもありますが、RMTは違います。

例えば「腰痛だったらここ」「前屈痛ならここ」「後屈痛ならここ」と、治療ポイントが即座に分かります。

なぜそこに痛みが発生しているかの理論が確立しているので、痛みの原因がどこにあるのか、施術ポイントをすぐに特定できるのです。

腰痛に限らず、首を捻ると痛い、膝を曲げると痛い、肘を伸ばすと痛いなど、あらゆる痛みの原因を、その場で割り出すことができるので、施術に迷いが無くなります。

「技術だけでは患者は来ない」
「新規よりもリピートが重要」

は、治せないから出てくる言葉です。

治療院業界では、そんな訳の分からない理屈もまかり通ってしまいますが、広告やコピーに騙され思考停止するのではなく「治せば来る」を実現しませんか?

RMTを習得すれば、技術だけで患者さんを呼べるようになります。あなたが呼ぶのではありません。完治させた患者さんが自信を持って、あなたのことを大勢の人に勧めてくれるのです。

営業トークや回数券での囲い込みなど、まったく必要ありません。むしろ、どんどん卒業してもらわなければ、予約が埋まりすぎて、新規の患者さんを入れる枠がなくなってしまいます。

ただ目の前の患者さんを施術し、完治させる事に集中するだけでOKです。それこそが、治療家の本来あるべき姿ではないでしょうか?

受講者が評価する5つのポイント

ポイント1 患部にさわらず痛みを取り去る。
ポイント2 治療ポイントを即座に確定できる。
ポイント3 的確な施術、最短一回速攻完治。
ポイント4 時短で施術者と患者の負担軽減。
ポイント5 世界初、RMTオリジナルの理論。

受講生のクチコミ

受講生からいただいた感想です。

N接骨院
長谷川先生

N接骨院
長谷川先生

初めて聞く理論で正直驚きました。思っていたことの逆というか、思いつきもしなかったので、受講してホント良かったと思います。
それと、昔やった突き指が原因で、最後まで曲がらなかった人差し指が、おまけの捻挫施術の講座中に曲がるようになったことにも驚きと感謝です。
とにかく次のセミナーが楽しみです。今日はありがとうございました。

T整骨院
藏先生

T整骨院
藏先生

初回のセミナーを受けた時点で、今まで自分が知っていた知識や考えの常識が覆されました。
ベーシックで習った内容を首痛でなかなか結果の出なかった患者さんに実践してみたら、一発で良くなりました。
簡単に実践で使え、すぐに結果が出るところも凄いと思います。本日のアドバンス腰も楽しみです。

S整骨院
才賀先生

S整骨院
才賀先生

腰痛に関して、施術に行き詰っていたというか、迷いがあったのですが、今回のセミナーを受講させていただいたことによって、あの時の症状はここが原因だったのかと霧が晴れたようにスッキリすることができました。
治療ポイントの当たりが簡単に付けられるようになったので、いろいろと実践で試していこうと思っています。本日はありがとうございました。

N整骨院
大野先生

N整骨院
大野先生

ホームページを隅々まで拝見させていただき、ある程度イメージを持って受講させていただいたのですが、良い意味で大きく裏切られました。
ちょっと混乱する部分もあったのですが、高橋先生が丁寧に教えてくださったので理解することができました。
早速、今日習った内容を明日から使っていきたいです。楽しみです。

RMTセミナーは全4講座

RMTセミナー4講座の詳細&タイトル

ベーシックコース(理論編)

なぜ痛みが出てるのか?聞けば納得!誰も知らない痛みのメカニズム

多くの方が間違えている痛みが発生する原因など、RMTの基本を学べます。
治療ポイントを速攻で確定する理論が学べ、今までの悩みが嘘のように、どこを施術すれば良いか簡単に分かるようになります。
首の疾患をベースに理論と施術テクニックを学べるので、その日から結果が出せます。
シップを貼ったりテーピングを巻いたりして安静にさせていた症状、とにかく患部を緩めるためにマッサージしていた症状を、大げさではなく、尋常じゃないほど早く改善することができるようになります。

BASIC | 最短一回完治理論習得セミナー

1.RMTによる痛み発生のメカニズム

痛みの原因とは?
痛みは身体の抵抗反射である
筋肉を緩めるテクニック
靭帯を緩めるテクニック
患部を施術する必要があるケース

2.首痛の徹底施術

超簡単!ここを施術するだけで激変!
首の痛みすべてに関係する治療ポイントとは?
首の前屈痛の治療ポイント
首の後屈痛の治療ポイント
首の回旋痛の治療ポイント

アドバンスコース(実践編)

反射運動理論に基づいた各部位の施術法を解明 / 2コース有

ベーシックで学んだ内容を、膝と腰の2コース、症状別でより具体的に学ぶことができます。
なぜ、固定せずに痛みが取れるのか、なぜ、患部を触らずに痛みがとれるのか、それらを理解することで、どこをどう施術すれば良いかがピンポイントで分かるようになります。
施術に迷っている無駄な時間が劇的に短縮できます。

ADVANCE 膝 | オスグッド速攻完治セミナー

受講資格:ベーシック講座の受講

1.オスグッド病の徹底施術

オスグッド病の原因は脛骨粗面にはない!
脛骨粗面が出っ張る本当の理由!
オスグッド病を脛骨粗面に触れずにどんどん改善する方法
成長期の膝の痛み特有の治療ポイント
筋骨格以外の原因とその対処法

2.シンスプリントの徹底施術

痛みの最大の原因とは?
陸上・バスケ・バレーボール選手に頻発する理由

3.膝の疾患各種の徹底施術

ジャンパー膝の治し方
シンディング・ラーセン・ヨハンソン病の治し方
鵞足炎の治し方
膝蓋靭帯炎の治し方
二分膝蓋骨の治し方
変形性膝関節症の治し方

ADVANCE | ギックリ腰速攻完治セミナー

受講資格:ベーシックの受講

1.ギックリ腰(急性腰痛)の徹底施術

座るのも寝るのも無理!重度のギックリ腰の対処法!
普通に歩いて帰らせる超重要ポイント!

2.坐骨神経痛の本当の原因

なぜ腰を緩めても坐骨神経痛は治らないのか?
梨状筋症候群の謎
SLR陽性の場合はここを徹底的に緩めよう!

3.グロインペイン症候群の徹底施術

腸腰筋を緩めても治らない理由
治療ポイントは腰、股関節、下腿

4.慢性腰痛の徹底施術

ここを施術すれば大丈夫!腰痛最大の原因とは?
腰の前屈痛の治療ポイント
腰の後屈痛の治療ポイント
腰の側屈痛の治療ポイント
腰の回旋痛の治療ポイント
なぜ長く座っていると腰が痛くなるのか?
寝起きが痛い原因
痛くて立ち上がれない理由

マスターコース(補完編)

スポーツ障害ををRMTに基づいて完全攻略!最短一回完治!

アドバンスでフォローしきれなかった症状、特にスポーツ障害の最短一回完治施術を学ぶことができます。
当院でも来院の多い疾患を集めているので、すぐに現場で使用し結果が出せるはずです。
実際の一回完治率を交えながら具体例を基に、子供やスポーツ選手によくあるスポーツ障害を完全攻略します。

MASTER | スポーツ障害速攻完治セミナー

受講資格:アドバンス膝/腰のどちらかを受講

1.セーバー病の徹底施術

セーバー病の治療ポイントは?
セーバー病は踵の何が痛がっているのか?
踵の圧痛を取る方法

2.有痛性外脛骨の徹底施術

痛みの最大の原因とは?
外脛骨の圧痛を取る方法
出っ張りをいじっても意味はない!
自分で治せる「いいね!療法」とは?

3.アキレス腱炎の徹底施術

痛みの最大の原因は膝にあり
アキレス腱の圧痛を取る方法

4.野球肩の徹底施術

痛みの評価と検査法
肩甲骨を緩める方法
屈曲、外転、伸展痛の治療ポイント

5.上腕骨内側上顆炎(野球肘

なぜ内側上顆が痛くなるのか?
屈曲痛の治療ポイント
伸展痛の治療ポイント

6.上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

チェアーテスト陽性の痛みの取り方
橈側手根伸筋を緩めても治らない理由
筋肉以外に緩めなくてはいけない組織とは?

プロフェッショナルコース(継続編)

RMT協会の永久会員認定! RMTの技術更新情報を共有

すべての講座を受講した方限定で、さまざまな特典が受けられる特別無料講座です。

※受講資格:全4講座受講

特典1 RMT協会に無料入会

RMT協会が運営するRMT研究報告のFacebookページに入会できます。RMT研究報告では、施術のアップデート動画や、ブログでは伏字になっている施術内容、治療ポイントをすべて公開しています。施術に迷った時は質問することも可能です。

特典2 セミナー参加費用半額

日々の施術で仮説と検証を繰り返し、痛みを開放し続けているRMT協会は、常にアップデートしています。RMT研究報告で更新していきますが、もう一度セミナーに参加したいというあなたのために優遇価格をご用意しています。

特典3 患者様のご紹介

RMTセミナーを主催している「みどり整骨院」は、全国からお問い合わせをいただきます。もし、あなたの治療院に近い患者さんからのお問い合わせがあった場合、同じ治療方針の治療院ということで優先的にご紹介します。

特典4 地域No.1の治せる治療院

RMT研究会は、地域No.1になっていただくため、あなたの治療院がある市町村からのRMTセミナーへの参加を、人口等考慮した上でお断りさせていただいております。心置きなく地域No.1の治せる治療院を目指してください。

特典5 RMT認定証を贈呈

RMTセミナー全講座を修了後、受講の証としてRMTセミナー受講認定証を贈呈します。

よくある質問

反射運動理論を基に、身体の痛みの原因を確定させる考え方や、治すための手技が学べるセミナーです。あなたの努力が一番ですが、 なかなか予約の取れない「治せば来る」の治療院を目指せます。

当セミナーの内容を確実に実践し練習することで、RMTは理解・習得できますが、使用せずに上達はありません。裏技的なテクニックではないので、実践でどんどん使用しあなたのモノにしてください。理論があるので、ご自身で簡単に成長できます。

情報漏えいの観点から、基本的には治療院を開業している方、もしくは紹介、身元(勤務先の治療院名)のはっきりしている方のみとなっております。

間違いなく唯一無二のオリジナルの理論です。ご希望があれば、セミナー当日に私が過去に受講したセミナーと、RMTとの違いを説明することが可能です。他セミナーのネタバレはできませんが…
ちなみに受講生は皆、口をそろえて「初めて聞きました!」と言っています。

すべての講座を受講すれば、プロフェッショナルコース受講を認定いたします。認定を受けることで、RMT研究報告(FacebookやBLOG)を通して様々なサポートが受けられるようになります。

当セミナーの認定者は、RMT研究報告(FacebookやBLOG)より ご質問、ご相談いただけます。アフターフォローにもご好評いただいてます。

RMTは、当協会と受講者との間で守秘義務がありますので、家族やスタッフであっても、教えること、知られることは規約違反となります。スタッフ割がありますので、スタッフ様もご受講ください。

情報漏洩の観点から、録画や録音はお断りしております。施術ポイントや施術の流れを書いた簡単な資料をお渡ししますので、そちらにメモしながらご受講いただけます。

セミナー詳細

セミナー日程

ベーシック6月19日12時16時残り2名
ベーシック7月24日12時16時残り3名
ベーシック8月21日12時16時残り5名
アドバンス膝9月18日12時16時残り3名
アドバンス腰10月16日12時16時残り5名
マスター11月20日12時16時残り4名

・応募の締め切りは開催日の2週間前となります。
・セミナー当日の進行状況によって、終了時刻は前後する場合があります。

セミナー会場

上尾市みどり整骨院Google Mapで確認

・参加人数によって変更あり。

セミナー料金

ベーシック88,000円(税込)
アドバンス膝/腰110,000円(税込)
マスター110,000円(税込)
プロフェッショナル0円(税込)

・ベーシックは、どなたでもご受講いただけます。
・アドバンスを受講するには、ベーシックを受講する必要があります。
・マスターを受講するには、アドバンスをどちらか受講する必要があります。
・プロフェッショナルは、全4講座受講後、自動的に無料で入会できるコースです。
・2講座同時お申込み5,000円引き、3講座15,000円引き、4講座30,000円引き。【例】全4講座受講の場合、88,000円+110,000円×3-30,000円=388,000円(税込) ※再受講は半額。

リピート割引とスタッフ割引

申し込みの流れ

1)初めに、お申込みページから必要事項を入力の上、お申し込みください。
2)次に、メールアドレスへ守秘義務契約書を送りますので、記入いただきご返信ください。契約書は写メで結構です。原本は控えと共にセミナー当日にお持ちください。捺印の上、控えをお返しします。
3)契約書に問題がなければご入金先を連絡いたしますので、3日以内にお振込みください。期日を過ぎた場合はキャンセルとさせていただきます。
4)ご入金が確認できましたらお申し込みは完了です。 当日会場でお待ちしております。【持ち物】動きやすい服装、フェイスタオル、飲み物、筆記用具。
※振込明細表を領収書の代わりとさせていただきます。
※分からないことがございましたら、忌憚なくお問い合わせください。

注意項目

・セミナーはお申し込みいただいた方(ご本人)のみ、参加の権利があるものとします。
・第三者への参加権利譲渡はできないものとします。
・セミナー内容を有料無料に関わらず、勉強会やセミナー、その他にて他人に教えることを禁止いたします。※詳しくはお申込み後に届く「守秘義務契約書」をご覧ください。
・セミナー中は他の受講者と組になり、交互に施術練習をおこないます。
・セミナー中は講師の指示通りに進めていただきますようお願いいたします。
・講師や受講者の迷惑になる行為が見られた場合、ご退場いただくことがございます。
・ビデオ撮影、カメラ撮影、録音は禁止といたします。
・セミナー中はスタッフがビデオ撮影、カメラ撮影をいたしますのでご協力をお願いいたします。RMTセミナーのHPやブログ、その他SNSに使用する場合がございます。
・セミナー中に起こった事故、トラブル等につきましては、一切の責任を負いません。

キャンセルポリシー

・お支払い後のキャンセルおよび譲渡、返金、日程の変更、振替は一切おこなっておりません。
・台風や降雪その他、悪天候等の理由で交通機関の運休、欠航がありお越しいただけない際も同様。
・天災、火災、戦争、テロ、暴動、争乱、セミナー会場の不測の事態、講師の体調不良、その他の不可抗力によりセミナー開催が困難と判断した場合はセミナーの中止が生じる場合がございます。
・中止の際は、日程延期の上で開催いたします。払い戻しおよび渡航費、宿泊費に関しましては保証いたしかねます。上記のすべて、ご理解ご了承の上お申し込みください。

もう少し詳しく知りたい方へ

全12回 治せる治療家育成講座

痛みの原因部位を即座に確定させる、RMTの治療ポイントのヒントを完全無料公開中!!
1日1回、12日間に分けて毎日届く無料講座!どなたでもご登録いただけます。

講座の内容

  • 第01回|反射運動理論「RMT」誕生秘話
  • 第02回|患部をさわらずに治す理論
  • 第03回|腰痛の治療ポイント
  • 第04回|オスグッド病の治療ポイント
  • 第05回|有痛性外脛骨の治療ポイント
  • 第06回|セーバー病の治療ポイント
  • 第07回|シンスプリントの治療ポイント
  • 第08回|グロインペインの治療ポイント
  • 第09回|野球肩の治療ポイント
  • 第10回|野球肘の治療ポイント
  • 第11回|坐骨神経痛の治療ポイント
  • 第12回|最短一回完治って本当なの?

お名前、メールアドレスを入力の上「無料講座に登録する」ボタンを押してください。

お名前
メールアドレス

もっと詳しく知りたい方へ

もう隠しません。すべて正直に話します

こんな思いをしてませんか?

たくさん知識はあるのに、どうして治せないんだろう?
教わったとおりに施術しているのに、なんで治せないんだろう?

例え患者さんを治せなくても、日々は過ぎていき、毎月の支払日は必ずやってきます。

治せず焦る毎日に、気が付けば治すことよりも、どうやって患者さんに来てもらうか、集客のことばかり考えてしまったりして…

しかし、あなたは間違っていません。

間違っていたのは「治療業界の常識」で、あなたが治せないのは当たり前だったのです。

ぶっちゃけてしまうと、

治療業界の常識は間違いだらけなんです。

例えば、

アキレス腱炎、椎間板ヘルニア、オスグッド・シュラッター病、疲労骨折など、「整形外科で〇〇と言われた」なんて患者さんから聞いてしまうと、疾患名が気になり施術が振り回されることはないですか?

RMTに疾患名は関係ありません。どこが痛いのか、どうすると痛みが出るのか、目の前にある今現在の症状が重要です。

そもそも、アキレス腱炎は炎症していませんし、椎間板ヘルニアは腰痛の原因ではありません。オスグッドによる膝痛は出っ張りが原因ではありませんし、疲労骨折は骨折していません。

治療業界の常識と違いますよね?

これらはすべて、RMTを生み出す過程の臨床で気づけたことです。実際に今まで言われていたことを無視するようになって、完治率は格段にUPしました。

どういうことかというと…

・炎症は、傷と同じようなものなので、組織そのものが回復しないと治らないはずですが、施術で痛みが取れます。もともと炎症していないからです。

・椎間板ヘルニアはヘルニアを削らないと無くなりませんが、ヘルニアが原因と診断された腰痛の痛みは施術で取れます。ヘルニアはそのままです。

・オスグッドは下腿の骨が出っ張ったままでも、施術で痛みが取れます。

・疲労骨折と診断を受けていても、施術で患部の痛みは取れます。もちろん、骨をくっつける(骨折を治す)ことなんて、私には不可能ですつまり、初めから骨折してない。

どうですか?

聞いてた話と違いません?

しかし、これが現実。実際にどれも施術で治るんです。

RMTを基に症状へフォーカスすれば、疾患名に振り回されず、痛みの原因、施術ポイントが分かります。

「ここをこうするとここが痛い、ということはここが原因」といった感じで、難しいことは何もありません。

疾患名から来る「体の中はきっとこういう状態だ」という先入観をなくすことで、施術に悩みがなくなり、結果が出せるようになるんです。

患者さんの症状に向き合ってきたからこそ気づけたことで、RMTが最短一回完治を可能にしている理由だと自負しております。

とにかく、

症状をとことん追うことが重要なのです。

RMTは「アキレス腱炎だからここ」「椎間板ヘルニアだからここ」「オスグッドだからここ」「疲労骨折だからここ」という、ゴリゴリに固まった型はありません。

基本は、すべてオーダーメイド施術です。

例えばオスグッドでも、出っ張りがある方もいれば、ない方もいます。膝を曲げると痛い方もいれば、伸ばすと痛い方、膝に加重すると痛い方、圧痛がなかなか取れない方など、症状はさまざまです。

とはいえ、その症状も無限ではないので「この場合のオスグッドはここ」といったような、すぐに使える型はRMTにもあります。

そういった基本的な型を学びながらRMTを理解してもらうことで、習った型で治せない患者さんが来た場合でも、自ら施術ポイントを探せるようになれるのがRMTの強みです。

疾患名ではなく、その症状にとことん向き合いフォーカスしてきたからこそ、RMTは治せる理論になったのです。

症状によって変幻自在に治療ポイントを確定できるRMTだからこそ、自ら考え成長できます。そして、治せる治療家になれるのです。

セミナー受講のポイントってなんですか?

急な展開ですみません…

セミナーを受けようって決める時のポイントって、

内容ですか?
価格ですか?

私もお金がない駆け出しの頃、安価なセミナーをいくつも受けてきた経験がありますが、安価なセミナーって、結局、そのセミナーの主催者がその程度の価値しか提供できないってことなんですよね。

なので、実際に行ってみると、誰もが知っている低レベルな内容だったり、どこかで聞いたような知識の焼き直しだったり、完全なパクリだったり。

私もいろいろと受講させてもらいましたが、安価なセミナーで当たりだったことは一度もありません。そのほとんどが、どこかで聞いたパクリであり、レベルの低いものでした。

だからといって、高いセミナーが優れてるワケでもないんですけど…

高額セミナーの誇大広告には注意が必要。

指一本で瞬時にゆるゆる!
一瞬で痛みがゼロ!
芸能人の〇〇さんも大絶賛!
どこどこの〇〇先生が推奨!

そんなセミナーのうたい文句に踊らされていませんか?

そもそもキャッチコピーって、実は治療や施術を知らない代理店や制作会社のコピーライターが書いてたりするんじゃないですか?

つまり、

集客のためのブランディング。

大げさに言ってるだけでしょ?なんて思いながらも、〇〇先生推薦!なんて書いていたり、何千人も受けたセミナー!なんてうたわれていたら、ついつい行きたくなっちゃうんですよね。

でも、実はその芸能人や先生の応援コメントって、代理店を通せばお金で依頼できるのでは?そもそも、その〇〇先生ってそんなに権威がある人なの?って、ネットで検索しても出てこなかったりして…

他にも、その何千人も受けたセミナーっていう写真だって、高額セミナーへの導入部分の無料セミナーの写真だったり、参加人数も水増ししてるんじゃないの?って…

もう、

誇大広告に踊らされるのは止めませんか?

正しい知識をつけて「治せる治療家」になれば、そんな広告に踊らされることなく患者さんは集まります。

セミナーコレクターになってませんか?
時間を無駄にしてませんか?
安物買いの銭失いになってませんか?

広告のプロが作ったうたい文句に振り回される日々に、サヨナラしましょう。

でも、

なんで治せる治療家になれるの?

RMTセミナーの優れている点は、小手先の手技やテクニックを学ぶのではなく、なぜ痛みが出ているのか、その理論が学べるところです。

理論を学ぶことで、今まで対応したことのない症状に出会ったときや、施術に行き詰ったときに、あなた自身で痛みの原因 、つまり治療ポイントが見つけられるようになります。

ですが、施術セミナーといえば「手技」が全面に出ているものばかりですよね。

使える手技が増えても、治せる治療家にはなれません。緩める手段を知っていても、どこを緩めれば良いか分からなければ、宝の持ち腐れです。

手技コレクターは今日で卒業しましょう。

もちろん、RMTセミナーでも手技やテクニックを教えますが、施術の目的さえ同じなら、使い慣れた手技でも構いませんし、鍼や灸でも大丈夫です。

RMTは理論です。治療ポイントにたどり着くための道筋です。今まで学んだ手技は決して無駄になりません。緩め方は分かるけど、どこを緩めれば良いか分からない方にこそ、お勧めできる理論なのです。

あなた自身で理論のブラッシュUP、施術ポイントの上書き更新ができる、本物の「治せる治療家」になりましょう。

そして、あなたや患者さんの笑顔や感謝があふれる治療院にしましょう。そうなると、治療院の運営も安定してきますよ。

どうして運営が安定するのか。

それは、治せる治療家になると、患者さんが患者さんを呼んでくれるからです。

スポーツ障害の患者さんは、子供がほとんどです。必ずと言っても過言ではないほど、親御さんが一緒に来ています。目の前であっという間に改善する子供を見て、親御さんは大喜びです。時には涙を流して感謝してくださいます。

そして、その感動を自分の家族やお友達に伝えて、何かあったときはあなたの治療院へ行くように勧めてくれます。つまり、ファンになってくれるのです。

また、子供は大きくなると部活動やクラブ活動が活発になり、チームメイトにあなたの治療院を紹介してくれます。そして、そのチームメイトは自分の家族や友人へと、紹介の輪は無限に広がっていきます。

そして、気がつけば予約のなかなか取れない自由診療の治療院となり、収入も自然と増えていき、すべてが安定してきます。これは私の実体験です。

ただし、

条件は「治せる治療家」であること

電気治療や温熱治療、包帯・テーピング、湿布を使用し、自然治癒を待っていては「治せる治療家」ではありません。

あくまでも施術主義。

施術によって劇的に早く治す、最短一回完治であるからこそ「治せる治療家」であり、患者さんもファンになってくれるのです。

ファンサービスは治すことだけ、リップサービスやマーケティングは不要です。

今こそ、治療家を志したときの思いに立ち返り「治せる治療家」になって「治せば来る」を実現し、安定した治療院の運営を手に入れましょう。

高橋から最後に

RMTセミナーの理論は、痛みの原因を即座に確定し、最短一回で各種スポーツ障害を完治させることが可能です。

その施術は患部をさわりません。
※捻挫・打撲等の外傷を除く

例えばオスグッド病の場合、脛骨粗面と呼ばれる膝の下の骨が出っ張っているケースがあります。出っ張った部分を患部が原因だからといって触ると、激痛なので患者さんには苦痛です。 野球肘や有痛性外脛骨、その他どんな症状でも、患部(痛いところ)を触られると激痛です。

施術するほうも、決して気持ちのよいものではありません。

かくいう私も、患部に施術をしていた時期もありました。私には、それがツラくて仕方ありませんでした。完治率はそこそこ高かったものの、治らない場合はもちろんのこと、治っても二度と来てくれなかったり、しかも施術している自分もツラいという三重苦。

患部を触りたくないと考えていたときに出会った「筋膜連鎖」は、ワラにもすがる思いでした。最近は「筋膜連鎖」もよく聞く施術理論ですよね。しかし、筋膜連鎖は原因部位特定が非常に弱いんです。なので、使っている当時は患者さんの身体を、ここかここかと全身調整しまくりました。まぁ、そのお陰でRMTを生み出すことができたのですが…

RMTは筋膜連鎖とはまったく違う理論です。単につながってる部位を緩めましょうではありません。

それは恐らく、あなたが初めて聞く理論です。

あなた自身が原因部位、すなわち施術ポイントを見つけられるようになるので、自ら成長できます。

治せる治療家になれる唯一の理論なのです。

治せる治療家になれば、治療院には感謝と笑顔があふれ、患者さんが患者さんを呼んでくれるという好循環になります。そして、家族にも自然と笑顔が増え、毎日が楽しくなり、治すことが生きがいになります。

それこそが「治せば来る」です。

そしてそれは、最短一回で治してしまうからこそ、人が人に話したくなる状況であり、人に伝えたくなる感動になります。何十回もかかっていては「治せる治療院」でもなければ「治せば来る」でもありません。完治までの期間が短ければ短いほど、患者さんは劇的に感動し、人に伝えてくれるのです。

すべてを解決する理論を伝授します。

仮説と検証と試行錯誤、つまずきと改良を、何度も何度も何度も繰り返しできあがった渾身の理論です。

みどり整骨院 院長 高橋

メルマガバックナンバー

E-mail magazine back number